まずは自己紹介!学生時代はこんな感じでした笑

こんにちは、こんばんは、あけおめでした

2日間で3回もバスケやってクタクタの萩原です

前回少しだけ触れた「機械系出身が金融業界に」って話をするにあたり、先ずは時系列を追ってご紹介をしようかなと

 

因みに、今更ですが「ブログ書いてみる❓」ってお話を振ってくれた「おじゃがさん」の楽しいブログはこちら🥔

 

学生時代(中学まで)

あくまで主観ですが「どこにでもいるやんちゃボーイ」だったんじゃないかな❓

普通に学校行って、普通に部活やって、普通に遊んでる毎日🏀

因みに、今でこそ運動大好き脳筋族ですが、小学校低学年までは「図書館通いのもやしっ子」でした

それと、やや言い訳ですが、親が真面目だったので図らずも真面目に育ってたと思います…苦笑

学生時代(高専時代)

学生時代ではここが大きな転機でした

みなさん、「高等専門学校(以下、高専)」はご存知でしょうか❓❓

高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)は、後期中等教育段階を包含する5年制(商船に関する学科は5年6か月)の高等教育機関と位置付けられている日本の学校[1] 。一般には高専(こうせん)と略される。 学校教育法を根拠とし「深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成する」ことを目的とする一条校である[2]

僕は群馬出身ということもあり、「群馬高専」に入学をし、様々な経験をしたわけです🔧🔧

正直、入学当初は「理系が得意❗」「国語と社会が絶望的に苦手💢」「私服だし楽しそう」くらいの軽い気持ちだったのは今だから言える笑い話

ただ、卒業する頃には「ロボット作りたい🤖」と、入学当初よりは成長した自分がいたのも、みっちり機械系の勉強を叩き込んでくれた環境があったからこそだったと思います

学生時代(大学〜院まで)

勉強においても、目標が明確だとやることが明確になって、それが後押しになるのを体感したのはこの頃でしたね

ロボット作りたい🤖 → 制御工学が必要(大学) → 人間工学も必要(大学院)

高専時代の担任に相談したら「秋田の県立大学が工学部に力を入れている」ということで大学3・4年は秋田県立大学へ☃☃

※高専は5年制の高校になるので、大学の3年生に編入となります

就職活動がしやすく、地元にも戻れて、しかも人間情報工学を学べるということで大学院は群馬大学大学院へ💨💨

その後の就職は東京なので、まあまあ転々としたものですね笑

 

次回は就職してから転職まで

お付き合いいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です